旦那の浮気で離婚したときの慰謝料を納得させる方法

旦那の浮気が離婚の原因

私は、35歳の会社員の女性です。
旦那の浮気が原因で離婚しました。
離婚した時に弁護士などに依頼などはしませんでした。

結婚生活が8年で子供も一人いたので旦那の浮気は精神的にかなりのダメージを受けました。
とても、辛かったです。

話し合い(協議)で慰謝料を決める

旦那は浮気相手との関係を問いただすと、あっさり白状して浮気を認めたので、特に弁護士を通すこともなく、

浮気相手と旦那さんと私とで話し合いをして慰謝料などを決めました。

浮気相手の方は、旦那の同じ会社の従業員の方でした。
まだ、20代半ばだったので、そんなにお金は持っていなかったと思います。
しかし、やはり気持ちが抑えきれなかったので、浮気相手の方にも慰謝料を請求することにしました。

浮気相手の方は、自分一人だけの貯金では払いきれないということでしたので、浮気相手の両親にでもお金を借りてでも払ってくださいと伝えました。
もし払えない場合は、両親にも連絡して、今回起きたことを説明しますと伝えてあります。

浮気の慰謝料請求金額に納得できない旦那とその解決方法

3人の話し合いで、やはり私の精神的な苦痛がひどく耐え難いものだったので、双方から100万円ずつ請求することにしました。

ネットで調べると相場としてはそれぐらいだったので、私が決めたのですが、二人ともその金額で最初はなかなか納得してくれませんでした。
特に旦那が高すぎると駄々をこね始めたのです。

何度も集まって金額の話し合いを決めました。

弁護士への相談を視野に入れていることを伝える

浮気相手の方は、本当に反省している様子を見せていたので、その金額でなくてもいいかなと思い始めましたが、やはり旦那の態度がかなり腹立たしかったので、
金額を減額することはありませんでした。

そして、この金額で応じないなら弁護士を入れて話し合うことになることを伝えました。
そうすると、やっとその金額に応じてくれました。

慰謝料請求金額を受け入れさせた方法とポイント

この金額を手に入れられた大きな理由は、やはり引かない態度で旦那に接したことだと思います。

浮気された側には多少の落ち度はあるかもしれませんが、ほとんどの場合悪いのは、もちろん浮気した方です。
そのため、優しさを見せずに、しっかりお金の話し合いはするようにしましょう。

慰謝料の話をしなければ、今後一人で子供を育てることになっていたので、やはり引かずに強気でいたことが良かったと思います。

私は、協議で離婚が決まらなかったら弁護士を入れて、さっぱりお金を取って別れる方法もいいと思います。

しかし、やはり弁護士費用がかかるのでまずは話し合いでどこまでいけるかやってみるのも手かなと、思いました。

不倫慰謝料問題の解決はお任せください


パートナーの不倫や男女トラブルはきわめて個人的な問題のため、多くの場合自分で対応しなければいけない、あるいは自分で何とかできると思ってしまう方はたくさんいます。しかし、実際には当事者間でやりとりをしてしまったことで、さらに問題が悪化したケースは実に多いです。

不倫の慰謝料トラブルは、示談で解決できるだけではなく裁判でも勝てるノウハウも持つ、経験豊富な弁護士を味方につけることが、正しい相場感とより適正な慰謝料にするためには重要です。浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料。お気軽にお問い合わせください。