浮気調査による証拠集めが慰謝料請求には大切

浮気調査により、証拠を集めることが慰謝料を獲得するには大切です。

私は40歳の女性で専業主婦をしてました。

元旦那の浮気が原因で離婚して慰謝料を請求

元旦那の浮気がきっかけで離婚しました。

弁護士に相談には行きましたが、依頼はしませんでした。

元旦那と元旦那の愛人から、それぞれ200万円ずつ慰謝料を請求して支払ってもらいました。

元旦那が浮気をしている証拠を、私自身が偶然発見したのですが、その時にすぐに騒がずに、元旦那とは何食わぬ顔でしばらく生活していました。

もしも離婚となった時のために、確実な証拠が欲しかったからです。もしも裁判になっても勝てるような証拠を、素人が集めるのは無理だと判断しました。

証拠収集のための調査を探偵事務所に依頼

依頼した探偵事務所は費用としては割高でしたが、その代わり時間と人数をかけて、確実な証拠を粘り強く集めてくれました。

何件かの探偵事務所に電話をかけて、一番押しの弱かった事務所を直接訪ねました。あまりにもセールストークが強引過ぎる事務所は避けました。

幸運にも調査の最中に、元旦那と愛人が温泉に一泊旅行に出かけましたのでそれが決定的な証拠になりました。

すべての証拠が揃った時点で両家の両親にすべてを話し、家族会議の席で元旦那を問い詰めると、あっさり白状しました。

元旦那の慰謝料支払いへの抵抗

こんなに素直に浮気を認めるのなら、調査会社を使って高いお金を払ってまで証拠を集めなくても良かったのかも、と一瞬思いましたが甘かったです。

愛人と別れる気のなかった元旦那は、私との離婚を望んでいましたが、慰謝料を支払うつもりは一切ありませんでした。

自分が不倫をしたのは、夫婦の仲が冷え切っていたからだと言い張ったのです。もちろんそれは慰謝料を払いたくないがための嘘です。

調査で収集した証拠がきっかけで元旦那は慰謝料を支払い

元旦那は弁護士を雇い、何とか慰謝料を支払わずに私と別れようと目論んでいましたが、元旦那の一番の誤算は私が動かぬ証拠をいくつも握っていたという事を知らなかった事でしょう。

それまでは常に強気でいた元旦那ですが、私から温泉旅行の資料などを見せられると急に毒気を抜かれたようにおとなしくなりました。

弁護士からも、何らかのアドバイスがあったのかは分かりませんが、それからしばらくして私に対する謝罪文と慰謝料を支払う旨の手紙が送られてきました。

愛人のほうはもっとショックを受けたのではないでしょうか。

彼女は自分がどこの誰だか私が知らないと思い込んでいて、慰謝料を請求されることはないと安心しきっていたようです。

実際は、彼女の勤務先から自宅の住所まで調べはついていました。

慰謝料を請求できたのは浮気の証拠のおかげ

キーポイントは、「プロにより集められた証拠」これ以外にないです。

彼女の自宅に手紙を送り、やんわりと慰謝料を支払うよう催促すると、元旦那と同様、裁判まで進むことなく慰謝料を支払いました。

不倫慰謝料問題の解決はお任せください


パートナーの不倫や男女トラブルはきわめて個人的な問題のため、多くの場合自分で対応しなければいけない、あるいは自分で何とかできると思ってしまう方はたくさんいます。しかし、実際には当事者間でやりとりをしてしまったことで、さらに問題が悪化したケースは実に多いです。

不倫の慰謝料トラブルは、示談で解決できるだけではなく裁判でも勝てるノウハウも持つ、経験豊富な弁護士を味方につけることが、正しい相場感とより適正な慰謝料にするためには重要です。浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料。お気軽にお問い合わせください。