部下との浮気を証拠写真に納めて慰謝料請求に成功

離婚の理由は夫の浮気と金銭感覚の違い
43歳の女性

私は43歳の女性で、在宅の仕事をしています。

私が離婚をした理由は、彼の度重なる浮気と金銭感覚の違いでした。

結婚も30代後半と遅かったので、私としては将来の事を考えて、出来るだけ貯金をしたいとか、家を購入する資金が欲しいとかいろいろあったんですが、彼はとにかく交遊関係の広い人で、趣味も多彩な人でした。

そして、女性関係もかなり派手なタイプで、私が気がついても問い詰めると、逆ギレして、手を上げる事もしばしばでした。

本当はすぐにでも離婚したかったのですが、いろいろあって、結局、2年で離婚しました。

私が離婚の言葉を言うと、彼はすごく慌てたみたいで、なんとか思いとどまって欲しいと懇願されました。

姑まで来て、何とか籍だけは抜かないで欲しいと頼まれました。

弁護士への相談の検討を伝えることで即離婚
43歳の女性

ですが、こちらとしてもどうしても離婚はしたいと思い、弁護士さんに相談してみようか迷ったんです。

ですが、その事を彼に話したら、彼はかなり焦り、すぐに離婚してくれました。

離婚はしてくれましたが、彼は慰謝料は払う気はないと言うんです。

私としては、かなり女性関係でも、金銭問題でも苦労をかけられて、私としては少しでも慰謝料が欲しいのが正直な気持ちです。

財産分与は獲得したが少額
43歳の女性

財産分与としては、一応もらいましたが、金額的には50万ぐらいだったんです。

せめて慰謝料として、100万は欲しかったんです。

ですが、彼は開き直り、不倫をしたという証拠はどこにもないし、金銭問題にしても、家庭を壊すほどではなかった。と、開き直る始末。

部下との不倫の証拠社員の提示で慰謝料請求
43歳の女性

これにはさすがに私も怒りを覚え、使う事はないと思ってはいたのですが、彼と彼女が写っている写真を出しました。

彼が会社の部下と不倫をしていた事は知っていました。

だから、探偵さんを雇い写真を撮ってもらったんです。

そこには、ハッキリとラブホテルに入る2人が写っています。

私が写真を出した事で、彼は言葉も出なくなったみたいです。

私は、もちろん彼に100万円なんて大金が払えない事ぐらい知っていたので、彼に可能な金額で良いと言いました。

彼は30万円だけなら何とかなると言ったんです。

弁護士に相談すれば慰謝料は増額した可能性も
43歳の女性

私も、それで充分だと思いました。

離婚届も提出して慰謝料もきちんともらい、私は彼とはきちんと縁を切る事が出来ました。

あのとききっと弁護士さんに頼んでいたら、もっと違う結果になったと思いますし、多分、慰謝料も多くもらえたと思います。

ですが、私も大事にしたくなかったという気持ちもあったので、頼まなくて良かったかなと思います。

不倫慰謝料問題の解決はお任せください


パートナーの不倫や男女トラブルはきわめて個人的な問題のため、多くの場合自分で対応しなければいけない、あるいは自分で何とかできると思ってしまう方はたくさんいます。しかし、実際には当事者間でやりとりをしてしまったことで、さらに問題が悪化したケースは実に多いです。

不倫の慰謝料トラブルは、示談で解決できるだけではなく裁判でも勝てるノウハウも持つ、経験豊富な弁護士を味方につけることが、正しい相場感とより適正な慰謝料にするためには重要です。浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料。お気軽にお問い合わせください。