不倫慰謝料を請求された

不倫をしてしまった方が弁護士に相談する3つのメリット

逆に不倫をしてしまった方が弁護士に相談するメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

1:大事にせず穏便な解決を望める

社内不倫やW不倫をしていた場合、周囲の人には知られたくありません。

弁護士に依頼し、早い段階で不倫相手の配偶者と示談交渉することで、裁判事にせず、穏便な解決が期待できます。

また、示談の際に不倫の事実を機密にすることを内容に入れることで、誰にも知られずに解決できる可能性は高いでしょう。

2:不倫慰謝料を減額できる

不倫慰謝料を相場以上の金額で請求された場合、弁護士を通して交渉することで、慰謝料を減額できる可能性があります。

不倫慰謝料の相場は約50万円~300万円程度と言われています。

相手の財政状況や不倫の期間によっても変動しますが、500万円以上の請求をされている場合、そのまま要求を飲むのは待った方が無難です。

また、相手の行動によっては慰謝料の支払いを回避できる可能性があります。

3:精神的な負担を大きく減らせる

突然、不倫相手の配偶者に慰謝料請求された場合、今後のことや周囲への影響などさまざまなことが不安になるでしょう。

弁護士に依頼した時点で、交渉は全て弁護士と相手方のやりとりになるため、相手が何かしらのアクションを取った場合でも、安心して任せることができます。

また、進める内出てくる疑問に対しても、気楽に相談することができます。