不倫慰謝料を請求されたけど払えない場合の対処法3つ|自分で交渉する場合の注意点も

不倫慰謝料_払えない 不倫慰謝料を請求された

不倫の発覚により相手のパートナーから慰謝料を請求されてしまう場合があります。

相手にパートナー(配偶者)がいると知りながら不倫をしていれば、慰謝料請求をされてしまうのも仕方のないことです。

しかし、払う意思があったとしても金銭的な問題で支払えない場合、どうすれば良いのでしょうか?

今回は、不倫慰謝料を請求されたが払えない場合の対処法についてご紹介していきます。

 

不倫慰謝料を払えない場合に慰謝料を減額してもらうことは可能?

不倫慰謝料の請求は、突然訪れるものです。その内容は様々ですが、不倫慰謝料の相場は100万円〜300万円とも言われておりますので、場合によっては請求額が非常に高額で自分では到底払えないという場合もあります。

できるだけ早く支払い裁判沙汰にならないよう考えるかと思いますが、あまりにも請求額が高額で払えない時、減額してもらうことはできるのでしょうか?

結論から言えば、減額することは可能です。

慰謝料請求をしてきた相手のパートナーへ減額を申し出て、それに応じて示談となれば減額は果たせるでしょう。ただし、相手のパートナーは不倫されたことに傷付き、精神的にも辛い状況にあります。

そんな時に減額を申し出られても受けられないケースは多々見られます。

不倫慰謝料を払えない場合の対処法

では、どのように交渉していけば減額してもらえる可能性が高くなるのでしょう。

慰謝料を払えない理由を明確にする

不倫慰謝料の請求書が届き、文面に記載されている金額に驚く方も多いでしょう。

しかし、文面に記載されている金額はあくまでも請求側が一方的に提示している金額であり、支払い可能かどうかは一切考慮されていません。

自分がどれだけ傷付いたのか」をお金に換算したものなので、実は相場とも大きく異なっている場合もあるのです。この時、請求された側が行うべきことは支払える金額の提示です。

請求された側が提示しなければ相手の希望通りになってしまいますし、正式な慰謝料額を決定する協議も始められません。

支払える金額を提示する際に、なぜ慰謝料が払えないのか理由を明確にしておくと交渉する際に役立つ可能性があります。

例えば、「現在の貯金額が数十万円しかなく、すぐに数百万円もの不倫慰謝料を支払うのは難しい」というように、支払いには応じるがすぐに払えない理由があると考慮してもらえる可能性があります。当然ではありますが、嘘をついて減額してもらうのはよくありません。

条件を付けて減額を要望する

減額を要望する時、ただ「減額してほしい」と言っても相手は応じてくれない可能性があります。

しかし、「○○をするので減額してほしい」と条件を付けることで、減額の可能性が大きく高まるでしょう。

例えば「500万円請求されたが、300万円ならまとめて払える」というように、まとめて払うことを条件にして減額してもらったケースは多く見られます。

「まとめて払ってもらえるなら減額してもいい」と交渉に応じてくれる場合もありますが、「今300万円まとめて払って、残りの200万円は分割払いしてほしい」と言われてしまうことが無いとも言い切れません。

どうなるかは交渉にもよりますが、条件を付けることで減額の要望が通りやすくなるでしょう。

一番やってはいけないことは、無視をすること

慰謝料の請求額が高過ぎて払えない時、一番やってはいけないのは「無視」です。請求書が届いたにも関わらず、何のアクションも取らないでいると法的措置として訴訟を起こされる可能性があります。

万が一訴訟になった場合、請求書を無視してしまったことによって相手の請求を全て認めざるを得ないものと判断されてしまうかもしれません。

請求書を無視して訴訟となった場合、相手の希望が100%通ってしまう可能性が非常に高いことを理解しておきましょう。場合によっては不貞行為を行っていないにも関わらず、自分にとって不利な判決となる恐れもあります。

不倫慰謝料を請求されたら|確認項目と今後の対応・弁護士に依頼すべき理由まで

 

分割払いの要望をしてみる

減額の交渉を行ったとしても、希望が通らない場合もあります。減額が難しいのであれば分割払いを要望してみましょう。

もしも分割払いに応じてもらえるようなら、支払い回数を何回に分けるかなどの話し合いに移ります。ただし、分割払いは相手の立場からしてみるとあまり取りたくない選択肢ではあります。

なぜ分割払いではなく一括で払ってほしいかというと、約束していた支払いが滞ってしまうリスクがあるためです。

万が一慰謝料の支払いが滞った場合、延滞金を回収するのにも負担がかかってしまいます。

そのため、あまり分割払いにしたくないと考える方が多いのです。

それでも、両者が合意できる内容であれば、分割払いの要望が通る可能性はあります

例えば少額をコツコツと何年もかけて返すよりも、ある程度まとまった金額で分割払いにしてもらったり、先ほどにも挙げたように半額は一括で払って残りは分割にしてもらったりするなど、こちらも条件を付けると要望が通りやすくなるでしょう。

この時、請求された側は勤務先や現在の収入、信用度などを見て判断できるように、資料を提示するのも効果的です。

 

不倫慰謝料の減額交渉を弁護士に依頼すべき理由

不倫慰謝料の減額・分割払いは相手との交渉をうまく進めていくことで得られるものです。

そのため、請求された側も弁護士に相談し、代理で交渉してもらうことができます。ただ、中には「弁護士に相談すればその分費用もかかってしまう」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、自分で交渉するよりも弁護士に交渉してもらった方が良い理由についてご紹介していきます。

交渉の全てをお任せできる

自分自身で減額や分割払いの交渉を進める場合、冷静な判断と法律に関する知識を必要とします。請求側があなたに対してとても怒っている場合、絶対に意見を聞かないというケースはよく見られます。

もちろん、相手も弁護士に相談しているため交渉する際は主に弁護士との話し合いになるでしょう。

それでも弁護士は依頼された側の意見を100%叶えるための努力をします。

簡単に交渉できるわけではないのです。

また、相手が弁護士だった場合、豊富な経験と知識でうまく丸め込まれてしまい、こちらの要望が通らないまま示談になってしまう可能性があるかもしれません。

そうならないために、請求された側も弁護士を立てて交渉してもらった方が良いのです。

書類を正確に作ってもらえる

弁護士の役割は何も交渉することだけではありません。示談が成立した時の示談書も作ってもらえます。示談書に関しては、あなただけで交渉した場合も作らなくてはなりません。

しかし、万が一不備があると不利な状況に追い込まれてしまう場合もあるでしょう。正確に作ってもらうなら弁護士へ依頼した方が安心できます。

不倫が原因で離婚となった場合にも対応してもらえる

あなたがもし結婚していて、慰謝料請求されたことで不倫がパートナーにバレてしまった場合、あなた自身も離婚になる恐れがあります。

場合によってはパートナーからも慰謝料請求されてしまうこともあるでしょう。弁護士がいない状況で2箇所から慰謝料請求されると対応や交渉も非常に大変です。

そのため、あらかじめ弁護士に相談しておくと協議離婚への対応や適切な慰謝料額の算定まで、幅広く対応してもらえるでしょう。

弁護士に依頼して減額になった事例

請求された側も弁護士に依頼した方が良い理由について解説してきましたが、実際に弁護士に依頼して減額となった事例はいくつも存在します。

最後にその事例の一部をご紹介していきましょう。

500万円請求が300万円まで減額したケース

20代女性のAさんは1年以上交際していた男性がいたのですが、ある日その男性の妻から500万円の慰謝料を請求する内容の書類が送られてきました。実はAさんは男性に妻がいたことを知らなかったため、非常に困惑したそうです。

弁護士に相談すると慰謝料請求で初めて既婚者だと知ったこと、一般の不倫慰謝料相場に比べて高額であることを理由に減額できる可能性があると判明しました。

依頼を受けた弁護士は交渉を重ねていき、結果的に500万円から300万円に減額してもらい、合意に至っています。

このケースでは、独身だと思っていた交際相手が実は既婚者であり、嘘を付かれていたことが大きなポイントとなっています。

ここで「そんなはずがない」と届いた書類を無視するのではなく、弁護士に相談することでしっかりと対処することができるでしょう。

300万円請求から100万円まで減額したケース

30代男性のBさんはSNSを通して知り合った女性と交際することになりました。女性は既婚者だったものの、「夫婦関係が悪く離婚した」とBさんに伝えており、実際に女性側の夫婦は離婚となりました。

しかし、後日Bさんと女性が交際していたのが離婚前ということを知った元夫が激怒し、Bさんに対して300万円の慰謝料請求を行ったのです。

Bさんには借金があり、その返済もあって300万円支払うのは難しいとのことでした。さらに、交際していたと言っても肉体関係は1回のみだったことが分かったのです。

これらの状況と、相手の夫婦が既に夫婦関係が破綻していたことから減額できる可能性が十分にあると判明しました。

結果的に、交渉の末100万円まで減額してもらい、なおかつ分割払いにも応じてもらうことができたそうです。このように、状況によって減額できる可能性が高くなることもあります。

「払えない」と諦めるよりも、まずは弁護士に相談してみると良いでしょう。

不倫慰謝料の減額に強い弁護士に相談するメリットと選ぶポイント

弁護士法人ネクスパート法律事務所|不倫慰謝料減額の相談は無料

まとめ

今回は、不倫慰謝料を請求されたが払えない場合どうすれば良いのか、対処法についてご紹介してきました。基本的に相手から合意を得られれば減額や分割払いにしてもらうことは可能です。

しかし、相手も不倫をしたあなたに対して怒っている状態なので、うまく交渉していかないと要望が通らない可能性もあるでしょう。そんな時は、請求された側も弁護士に相談し、交渉を一任してもらった方が良いです。

高額な慰謝料請求をされてしまった際にも諦めず、不倫の慰謝料請求に強い弁護士へ相談してみましょう。

不倫慰謝料問題の解決はお任せください


パートナーの不倫や男女トラブルはきわめて個人的な問題のため、多くの場合自分で対応しなければいけない、あるいは自分で何とかできると思ってしまう方はたくさんいます。しかし、実際には当事者間でやりとりをしてしまったことで、さらに問題が悪化したケースは実に多いです。

不倫の慰謝料トラブルは、示談で解決できるだけではなく裁判でも勝てるノウハウも持つ、経験豊富な弁護士を味方につけることが、正しい相場感とより適正な慰謝料にするためには重要です。浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料。お気軽にお問い合わせください。